車の購入費用を安くするための方法とは?

新しい車の購入を考えている人にとって気になるのが、少しでも購入費用を抑える方法ではないでしょうか。

今回は、少しでも購入費用を抑える方法をご紹介していきます。

新車で購入するのか、それとも中古車にするかなどによっても大きく費用は異なりますし、すでに車を所有しているかどうかによっても大きく異なります。

自分のニーズに合わせて参考にしてみてください。

車をすでに所有しているなら買取査定をすることから始める

新しく車を購入する際に、現在車を所有している人はその車を手放すのか、それとも廃車にするのかなど考えることがあります。

例えば、すでにかなりの走行距離を走っていて、車自体に価値があまりない場合には買取金額に期待が持てないという人もいるでしょうが、昨今では買取金額を一括で査定することができる便利なサービスがあります。

年式や走行距離、車種などを入力するだけで市場価値が分かりますので、売値がどれぐらいかを知ることが可能です。

その情報を元に、自分にとって納得できる買取金額を提示してくれる場所に売るというのがおすすめです。

多くの人が車を買い替える際に、下取りという形で売ることが多いのですが、実は下取りはあまりお得とは言えず、買取サービスを利用する場合と比較すると安価での引き取りになってしまうのです。

新しい車を購入する際の費用に少しでもプラスになるように、買取サービスを利用して愛車を売りましょう。

中古車の方が購入費用は抑えられる

車が欲しいけど、新車にこだわりがあるわけではないという人は中古車がおすすめです。

中古車の中にもワンオーナーなど程度の良いものが流通していますし、新車で購入するよりも安く購入することが可能です。

例えば、すでに新古車として流通しているものであれば、新車で購入するよりも100万円近く安くなっていることも多いですし、走行距離などさほど走っていない車など新車とそう変わらないぐらいの程度のものも安く購入することが可能です。

また、中古車で購入する際にはタイヤやホイールが付随されていることも多く、サービス面でもプラスしてくれることも多いのが魅力。

新車には新車の魅力があるものの、新車じゃなければイヤという人以外であれば中古車の方が購入費用を抑えることができるのでおすすめです。

ただし、注意してほしいのが、中古車の中でも年式によっては車税に対しての課税対象になることです。

年式や走行距離、補修歴などはしっかりチェックし、問題無いものを探すことが大切です。

安物買いの銭失いになってしまっては意味がありません。

カーローンよりも一括購入の方が費用を抑えることが可能

車は高額な出費の一つであり、すべての金額をカーローンで賄うという人もいますが、実はこれが一番大きな落とし穴であり、無駄な出費の一つなのです。

カーローンの金利は平均5%~10%ぐらいまでの幅があるものの、金利は決して安いとは言えません。

例え100万円の車を購入したとしても全てをカーローンにしてしまい、約5年で払うとなれば金利だけで10万円ほど無駄に払わなくてはいけないのです。

この10万円は現金一括で購入すれば発生しないお金ですので、無駄でしかありません。

少しでも車の購入費用を抑えたいのであれば、カーローンよりも現金一括購入がおすすめです。

もし、高額過ぎてカーローンを利用しないと購入できないものであれば、なるべく頭金を入れることとローン年数を抑えることがポイント。

利息の支払い分がいくらになるかをしっかり理解しておくことが大切です。

一括買取査定で希望額の買取が可能

現在使用している車を買取してもらうことで、新しい車の購入費用に上乗せすることができます。

一括買取査定であれば、自分の所有している車の価値が分かりますし、希望額を提示してくれる場所がすぐに分かるので便利です。

下取りは損をすることが多いので、買取をお願いする方がお得。

少しでも購入費用を節約できるように利用してみましょう。