電気料金の節約方法とは?

日常生活の中のちょっとした配慮で電気料金は安くなります。

エアコンや冷蔵庫、照明やテレビなど電気はさまざまな場所で使っているもの。

それらをコツコツ節約することで、半年、1年後には大きな節約につながるでしょう。

電気の節約は手軽にできるのもメリットです。

日常生活で毎日使うものを中心とした電化製品の、電気料金の節約方法を紹介します。

エアコンの節約方法

エアコンには部屋のホコリなどが付着しやすいものです。

特にフィルター掃除をすることでエアコンの効き具合が変わります。

目安としては2週間に1度フィルターを掃除しましょう。

また室外機を掃除するとムダな電力を使わないので節約になります。

設定温度を1℃変えると10%以上の節約になることも。

設定温度は環境省が推奨している、夏は28℃、冬は20℃にすることで省エネにつながります。

エアコンを自動運転にするのも電気代の節約につながります。

自動運転は電気代のかからない効率的な運転をしてくれます。

冷蔵庫の節約方法

冷蔵庫は季節に応じて設定温度を調整しましょう。

環境省の報告によると「強」から「中」にすると年間で約1700円の節約になるそうです。

食品の詰め込み過ぎは冷蔵庫の内部の冷気がスムーズにいかず、電気代が余計にかかります。

たくさんの物が詰まっていると探すのに時間もかかり、その間冷蔵庫の扉を開ける時間も増えるので、電気代もかさんでしまいます。

冷蔵庫のドアの開閉を減らすことも節約につながります。

開閉回数が多いと、冷気が外に逃げてしまい再度冷やすのに電気を使うため電気代がかかってしまうのです。

照明器具・テレビの節約方法

照明はこまめに消すようにしましょう。

照明は使っていない時間が多いほど節約につながります。

使わない照明は消すようにしましょう。

さらにLEDライトに変更することです。

LEDライトは消費電力が少ないのが特徴。

白熱電球と比べると約1/5程度の消費電力と言われています。

テレビも見ないときには消すようにしましょう。

旅行などで長期的に家を空ける際には電源プラグを抜きます。

テレビの画面は明るくするほど電気代がかかります。

省エネモードをONにすることで節約につながります。

画面をこまめに掃除をすることで画面も明るくなります。

炊飯器の節約方法

保温の時間を短縮することで電気代の節約になります。

ご飯を炊くときには最大の量まで炊いて、冷凍にしておくと保温をせずにすみます。

また炊飯器には蒸らし機能がついていることが多いです。

10分程度は蒸らしの時間なので、10分前に炊飯器を止めれば、その分の電気代がかかりません。

早炊きやエコ炊きなどの機能がある場合はそれを利用しましょう。

また、炊飯気を電気代の安い時間帯に使うことで節電になります。

古い電化製品や電力会社の見直しをする

古い電化製品は消費電力も大きくなることが多いです。

最新家電は省エネ機能が搭載していることが多く、電力消費量も少なくできます。

エアコンについてはこまめな運転制御が搭載していたり、冷蔵庫ではムダのない冷却運転をしてくれたりなど、自動で節電をしてくれるのです。

電力自由化によって電気料金プランの数が増えています。

自分の家に適したプランを選ぶことで、節約効果が期待できます。

ガスや携帯電話などをセットにすると割引になるプランなどもあります。

契約アンペアの見直しや支払い方法も見直してみましょう。

口座振替やクレジットカードなどの支払い方法の中で、割引率が高い支払い方法を確認してみることです。

ストレスを感じることなく節約をする

電気の節約は寒さや暑さを我慢したり、暗い部屋で生活をしたりしなくても、ムダな電気を使わないようにすることで節約をすることができます。

エアコンの温度の調節や使わない照明は消すなど、ストレスを感じずに電気代を減らしましょう。

古くなった電化製品を使い続けるより最新家電にした方が節約になるもの。

電力会社のプランなどの見直しをしてみるのも一つの方法です。