食費の節約方法とは?

家計の中でも、特に節約効果があらわれやすいのが食費です。

上手に節約することで、かなりの金額の食費の節約ができるようになります。

生活に欠かせない食ですが、コツさえ掴めば、食べたいものをあまり我慢せずに費用を抑えることもできるようになります。

今回は、無理なくできる食費の節約方法を4つほど紹介しましょう。

一月あたりに使える食費を決めておく

一月あたりに使える食費を決めておくことで、「それに沿って生活しよう」という意識が芽生えるため、無駄遣いを抑えることができます。

一月あたりに使える食費を決めたならば、「一週間で7000円まで」など、次は一週間単位で食費の予算を決めるようにします。

この予算を守ることで、一月あたりに使える食費に抑えやすくなりますし、買い物時の食材選びもやりやすくなるでしょう。

一週間単位の食費を決めることで、「今週は使いすぎたから来週は抑えよう」というふうに食費を調整することもできます。

食材が安くなる日時を狙って食材を調達

人間の健康と食べ物は密接な関係があるので、あまりに買う量を減らしすぎると、健康を害する可能性もあります。

食費を削りすぎて、病院に入院なんてことになったら本末転倒です。

食費を節約しつつ、食事のボリュームを落とさない方法として効果的なのが、食材が安くなる日時を狙って食材を調達するというものです。

時間帯によって食材の値段が安くなるタイムセールは、スーパーによって様々なタイプがあります。

夕方に開催されたり、土日に開催されたり、朝に開催されたりなど。

スーパーで売れ残った惣菜や弁当は、閉店間際に20%~半額になることもあるでしょう。

また、同じような食材でもスーパーによっては100円近く価格が違うこともあります。

食費をできるだけ節約したいならば、割引セールの時間帯を狙ったり、食材ごとにスーパーを使い分けたりして安い食材を手に入れるようにすることが大切です

買うものをスーパーに行く前に決めておく

スーパーには実に様々な商品があり、ついつい気になる商品を手に取ったり、目移りしてしまったりということがよくあります。

節約するためには、必要ないものには一切手を伸ばさないということが大切です。

買い物リストを作るなど、買うものをしっかりと決めておき、それ以外のものは買わないようにしましょう。

また、バーゲンセールなどをやっていると、「お得だから」「今しか買うチャンスがない」という理由で、買う予定のないものをついつい買ってしまう人もいます。

安いからといって買いためると、たくさんあるから無駄に食べてしまったり、物を食べきれず捨ててしまったりなど、かえって損をすることにも繋がります。

食費を節約するためには、必要なものと必要のないものをしっかり分け、「今必要なもの以外は買わない」ようにしましょう。

買い物する前に空腹やのどの渇きを満たすことも、無駄な食材を買わないようにするために効果的です。

安くて便利なものを活用する

使い回しの難しい食材は冷蔵庫に残っていても捨てるしかなく、無駄になってしまう可能性があります。

安くて、様々な料理に使える食材を活用するのが、食費を節約するコツです。

例えば卵は栄養価が高く、茹で卵、目玉焼き、サンドイッチ、親子丼など、様々なレシピに応用できる節約には欠かせない食材です。

豆腐はへるしーで腹持ちもよく、3パック100円程度と、安価で購入することもできます。

豆腐を使った料理のレパートリーも豊富で、節約おかずとして大活躍してくれます。

卵、納豆、豆腐などはスーパーで特売になることも多いですし、これらの安くて便利なものを上手に活用するのが、食費を節約するために大切です。

食費の節約は誰でもできる

無駄な食材を買わなかったり、スーパーのタイムセールを賢く利用したり、食費の節約は工夫次第で誰でもできるものが多いです。

ただ、あまりに食費を抑えすぎるとストレスによって衝動買いを招くこともあります。

節約を継続させるためには、我慢しすぎない、無理しすぎないということが大切です。

食費を抑えるコツはたくさんあるので、まずは自分にできることから始めましょう。